1. HOME
  2. 環境を磨く

環境を磨く

もっと綺麗に!もっとお値打ちに!

施工範囲を細分化し、汚れの量、質を検討して、清掃回数、頻度をご提案します。
清掃回数、頻度を必要最低限にする事でコストを抑えながらキレイな状態を維持する事が可能です。
コストだけでなく、常にキレイで衛生的な状態を保つ事でゲストやキャストが汚してはいけないという心が働きます。
ゴミを落とさない、こぼしてしまったら拭くなど当たり前の事ですがなかなかできるものではありません。
周りがキレイな状態だからこそ、自分が汚しては他の人に迷惑になる、恥ずかしいと自然と考える様になります。決して無理強いするのではなく、自然にそのような行動をする事でより気持ちよく施設をご利用頂ける。これはディズニーランドでも用いられている手法です。

必要なところを必要な分だけお値打ちに

メリット1
必要なところを必要な分だけお値打ちに

各施設によって場所場所で利用頻度が異なります。
利用頻度の高いところは重点的に、そうでもない所は少し頻度を落として計画的に清掃をご提案します。
必要な分だけ清掃するので、無駄なコストがなくなりお値打ちにキレイにすることが可能です。

根拠が明確なお見積もり

メリット2
根拠が明確なお見積もり

清掃する場所や内容毎に細かくお見積りを提出しています。
お見積り内容にご不明な点があれば、お気軽にご相談ください。

汚れる前に清潔に

メリット3
汚れる前に清潔に

汚れている状態になる前に清掃する事で、キレイな状態を保ちます。
常にキレイにしておくことで、利用する人や従業員もキレイな状態を保とうという意識が働き、長くキレイな状態で使う事ができるようになります。

よくあるご質問

費用対効果はあがるのですか?
はい、施設清掃でいちばん肝心なのはキレイな状態を維持する事です。 利用頻度が多く、汚れやすい所、またエントランスなど目につきやすい場所には清掃回数を増やし、あまり使わない場所や汚れにくい所は減らす、また清掃手法を工夫することでよりキレイな状態を保ちながらコストダウンを図ります。
突発的な汚れや急に使用したいなどにも対応できるのですか?
はい、利用頻度の高い場所への清掃回数を増やすことにより訪問回数が増えますので移動によるコストを抑えることができ短期間にかつ効率的な対応ができます。
できるだけ長く施設をキレイな状態で使いたいのですが
はい、清掃回数だけを多くしても適切な清掃方法を使いませんと余計なキズや消耗につながります、プロの目線で長期間施設環境が最良になるようご提案いたします。
万が一の事故などは大丈夫ですか
はい、三井住友海上JBM請負賠償責任保険を完備しておりますので万が一の事故にも安心してご利用いただけます。

石材の事でお困りごとがありましたらお気軽にご相談ください!

フリーダイヤル0120-968-470
営業時間 8:30~17:30 休業日:日 祝

メールでのお問い合わせはこちら

このページのトップへ